☆Andante Cantabile☆ ピアノ日記
2006年3月よりピアノレッスン再開しました。 練習日記、レッスン日記がメインです。
プロフィール

まあや

Author:まあや
夫のしんしんと、わんこ2匹と暮らしてるお気楽主婦です。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

届きました!
こないだアマゾンで買った楽典の本が届きました~~
3冊買ったのね。

20060516000429.jpg


[READ MORE...]
今日の練習
しんしんが怒るから今日はピアノ練習しない・・
といじけていたら・・ププ
好きなだけしていいよ。と言うので♪ケケ


[READ MORE...]
しんしん(夫)は・・
しんしんはピアノが嫌いなのであ~る
なので今まではるちゃんは実家に置き去りにされていたのだ。








[READ MORE...]
インベンション4番その後
バッハの呪いにかけられ、狂ったように練習したおかげで、両手で弾けるようになりましたーーヽ(^o^)丿

テンポはゆっくりだし、テーマもまだまだ・・なんだけどね。


[READ MORE...]
Y先生
私の今の先生はYせんせ。
武蔵野音大のピアノ専攻のご出身だそうです。

先生を探していたとき、特にご出身の大学等全然こだわっていなかったのですが、体験レッスンをして、さすがに音色がとてもきれいで、
惚れたんです。で、すぐにレッスンお願いした次第です。


[READ MORE...]
インベンション4番
先日のレッスンで1番は思いがけずも合格になり、
先生は当然のように、「じゃあ次は~・・4番ね」
むむむ・・
先週は休みだったから少しは余裕があるかしら・・・ってことで
インベンションやってきます。って言ったのだが、こうして
必須教本になってしまった。


[READ MORE...]
気づいてみたら・・
新曲が3曲になってしまった・・
うれしいやら、つらいやら・・

私は符読みがキライなので、サッサと終わりにしたい。
だから、ガーーーっと集中して符読みを終わらせたい。
んで味付けを楽しみたい。



[READ MORE...]
直りました♪
一昨日あたりから急にギシギシいいだした、はるちゃんのペダル・・
今日調律士さんに電話してみたら、夕方来てくれました。

ペダルの皮製のパッキンがぼろぼろになってました。
これを取り替えて、KURE CRC 5-56をシューして、調整したら、
元通り~~。
あ~、よかった。

お代のことなんてスッカリ忘れてたんだけど、
何も言わなかったからいいのよね?
ついこないだ来てもらったばっかりなんだから、サービスで当たり前?
ど~でもいいけど、良かった直って。

レッスン日記9
今日はレッスンでした。
今までのレッスン日記はMixiの方に書いてたから№9デス。
習い始めて9回目なのね~

☆ハノン

10番:テンポ100・・これはあともう1週。
   早くなると鍵盤の上の方で弾いてる。
   指が早くなってもちゃんと奥まで。手首を気持ち下げる。

11番:テンポゆっくりめ、リズム変奏、テンポ90
   4,5のトリル練習なのでテンポが速くなると厳しい~
   持ち越しです。


☆ツェルニー30

13番:最後までダーっと突っ走ろうとしないで、
   2ページ目の3段目最後の小節、4段目最後の小節、
   こうゆうところでミスしがち。気をつけて、テンポ確認して気持   ち切り替える
   最後のフォルテシモのところはブレスを入れる感じ。
   弾きなおしして合格~~

14番:2ページ目のpからffになる部分
   特に小節の最初をmp、mf、f、ffにするように
   弾きなおしして合格~~。
   音階得意だね~って言われちゃった!
   得意かなあ?
   せめて右手だけでも動くようにしないとね!

次は15番です。今やってるアラベスクにピッタリなアルペジオです!
がんばらないと!


☆バッハインベンション

1番:なんと!合格です♪

主題がはっきりしてるし、きれいきれい。って~
うれすぃーー。
いっぱい練習した甲斐があったというもんです。
最初の地道~~な片手練習はつまんなかったけど、両手で弾ける様になったらバロックな響きが嬉しくて、かな~り練習しました。

あちこちのサイトに行って皆さんの演奏を参考にさせていただきました。ありがとう~。

バッハはチェンバロとかパイプオルガンとかをイメージして、crescのところも、深くする、重くするのイメージで弾くといいそうです。
次は4番、トリルが難しそうです。また地道な片手練習ですね~。


☆ソナチネアルバム1

ソナタ49-2 1楽章
左右の音階の3連符の部分、ここだけ速くなってる。
どうも苦手なところは速くなるクセがあるんだろうか?
先生の前だと余計舞い上がるのでテンポのことが忘れがち。
左手、黒鍵はずさないようにとか考えてたから。(笑)
他は表情も上手についてて特に問題なし。
テンポ確認して弾きなおし、合格~。

次は2楽章~~テンポ92で、メトロノームであわせて練習する。


☆アラベスク1番
   
通しで符読みが終わりました。でもまだ6分近くかかります。(^_^;)
がんばったね~~。私もやらなきゃ~って刺激になるわぁ。
と、せんせ。

クロスリズムからの左手のアルペジオ、もっと手首とひじを柔らかく使って滑らかに
(当たり前だけど)ひとつのアルペジオが終わるときには次のアルペジオの最初の音をすぐに弾けるような体勢になってないとダメ。片手の練習だけじっくりやること。
2ページ目のクロスリズム部分と最後のクロスリズム部分、メロディーをしっかりリズムに合わせる。右で左を引っ張っていく感じ。

後は弾きこんでいきましょう。

☆ル・ローヌ

スラスラ弾きが残ってたんだけど、アラベスクが終わった時点でもう5分超過してました。
あんまり練習してないし・・ってことでスラスラ弾きは次回に延期。

うーーん。嬉しいような悲しいような・・




なんなんだあーー
うちのはるちゃんのペダルがああーーー

ギシギシ鳴るの。突然さっきから鳴り始めて、
一番右のダンパーペダル?

なんでよぉ~~。先月調律してもらったばっかりよ。
まさかまさかもう寿命なんてことはないわよね。
調律士さんもまだまだ大丈夫ですよって言ってたもんね。

ギシギシ鳴るだけで、音はちゃんと伸びるんだけど、
ギシギシの音で集中できないじゃんか!

それにこの先録音とかするのにギシギシが入っちゃうじゃんか!

CURE CRC-556かなんか付ければ動きがよくなるかしら?
ってそんなことしちゃいけないかしら。。。
でも調律士さん、持ってたわよ?
でも適切な場所とかあるもんね。

その前に、下の扉?どうやって開けるのぉーーー。

明日電話して聞いてみよう。



本当?
斎藤さんのHPに

「ピアノは消耗品です。8年~10年くらいが目安です」

ってーーー。

えええっつ?!一生モノじゃないのぉ?
うちの今のピアノ30年近く経ってますケド・・

それってピアニストの場合よね?
1日に10時間以上とか弾くからよね?
じゃあ、ピアノの先生でも何度か買い換えるのかしら?
大変ねえ~~。
グランドピアノだと一番安いのでも100万以上するでしょ。
先生が使うのだと200万くらいかしら・・
ピアニストだったらやっぱり練習もフルコンなのかしら?1000万以上よ!

って私には関係ない心配をしちゃいました。(笑)

でも、グランドピアノ憧れだな~~。
ヤマハの茶色いチッペンデールのがほすぃーー。
宝くじ当たらないかな~~。(イヤ当たっても置き場所ないから!)

夜な夜な・・
あちこちのHPを覗いてるんだけど、

ピアニスト、斎藤雅広さんのHP、結構面白い。

http://homepage3.nifty.com/masahiroclub/indexmenu.html


媚やへつらいがなくて、本音ズバッと言う。
確かにピアニストって大変な職業だし、憧れだけではなれない。
努力だけでもなれない。
色々な要素があって、一握りの中のほんの僅かな、さらに僅かな人だけの職業なんですね。
だから生半可なこと言わない。

本当に真摯な姿勢でピアノに向き合ってるんだな~っていうのが分かるよ。

何でも聞けばいいと思ってる姿勢は間違ってる。
あ。。。すみません。(^_^;)

そうね、自分で調べたり、考えたり、あれこれやってみたり、、
ちゃんとやらないとね。


それから、ちょっと時間かけてついつい見ちゃったのが、、
ドレスのサイト♪
ネットだと結構安くていいのが売ってるのねーー。
1万3000円くらいでステキなのがあるよ!
私サイズが5号か7号なので、見つけたときに買わないとなかなか
ないんだけど、、、

いくらなんでも早いだろうーー。
発表会再来年なのに!(爆

だって安いから・・・
欲しくなっちゃって・・・

小さいサイズだと可愛い系のが多くて、、
ふんわりしたシフォンみたいなのとかさあ~
お人形みたいなデザインなのが多い。
かわいぃ~&好み~
のだめが最後のコンクールで着たみたいなやつね。

だけど、お色直しじゃあるまいし
いい年してそんなん着れないよねえ・・

かといって、マーメイド・スレンダーみたいなのはやっぱり背が高くて
細身体系じゃないと似合わないだろうし、

いかにもお水のおねーさんみたいのはダメだし、、

トレーンがズルズル引きずるのもダメだし、、

案外難しいのね。
一応サイトをマークしておいたわ。再来年のために。
できれば、曲に合ってるドレスにしたいしね!ホホ


帰ってきたので
昨日キャンプから帰ってきました。
4日もあいちゃって大丈夫かしら~。。
子供の頃は週1回くらいしか練習しなかったけど
それもレッスンに行く前にチョコチョコっと。(笑)
毎日練習してると、練習しないのが心配になっちゃう。

が、案外平気だった。
ル・ローヌなんか前よりかマシになってる気がする!
崩れちゃって弾けてたところがダメダメだったんだけど、
それが直ってる。不思議ぃ~~。

他は進歩なしだけど(当たり前か)大きく後退しなくてよかったわ。

アラベスクやっと通しで7分くらいになりテンポが少し上がったんだけど、
何回も出てくるクロスリズムのところの右が黒鍵が多いからはずしてしまう・・
確実に弾くにはどうしたらいいんでしょう・・
アラベスクの道は長いわ。



すごいっ
あ~、キャンプのしたくしなきゃいけないのに、ブログ書いてます。

「6才の頃から毎日24調のスケールを弾いていたので、
5年生(10才)で、移調、アレンジ得意!です」

だって~~~~。

「幻想即興曲を練習してます。」

だって~~~~。

すごい~~~。感激です。
え?音大に行く人は当たり前???うそっ。そうなの???

私の憧れ、幻想即興曲ぅ~~~
10才で・・
天才?努力の賜物?ですね。

あ~、私は死ぬまでに幻想即興曲弾けるかしら・・・

クロスリズムって子供の方が難なく受け入れられるらしい。
年とって硬くなった脳では益々難しくなるらしい。
あ~~~
もう無理ってことかしら。。。(;_;)

今更焦っても仕方ないが・・(笑)





お休みです。
今週のレッスンはGWのためお休みです。
つまんなーい。

でも、今日はお出かけしちゃって練習してないし、、
明日からキャンプで3日留守にするし、、
4日も練習できないなんて!

なんか不安。。。。。

せっかくちょっぴりできるようになった、アラベスク1番の中間部、忘れちゃうんじゃないか。。とか
ソナタ49-2、速く弾けなくなっちゃうんじゃないか。。とか

でも、気分転換するのも大事なことですよね!

日曜日に帰ってきたら、レッスンまで練習がんばりまっす。


収穫
ヤ○ハの大人のピアノ教室で習った2年間で一番の収穫は、、
なんと言っても色々な名曲を練習させてもらえたことだと思う。

子供の頃習っていたK先生は発表会といえども背伸びしない曲で、
普段習ってる曲集からの選曲だったので、
例えばブルグから、とかソナチネ2やってればソナチネ1から、
ソナタやってればソナタから、
なので、ショパンなんて弾くのは高校生か
よっぽど出来のいい中学生か。。だったんです。
(だから余計憧れてたのね・・)

お陰でソナチネなんか習ってない曲もメロディー自体はほとんど知ってます。毎回何十人もソナチネ弾くから。(笑)
(その代わり、名曲はあまり知らなかったりする。)

その普段の曲を何ヶ月もかけてじっくりと掘り下げていく。
ドーミドソッソ、ドーミドソッソのソナチネなんか
最初のドを何回も何回も何十回もやりなおしで、、、
もっと強く、もっと優しく、あったかい音で、、とやり直し。
どれがいいんだか悪いんだかさっぱり分からなかったけど。(笑)

家ではコッソリ、エリーゼや乙女の祈りだの子犬のワルツだの
弾いていたけど、ちゃんと習ったことはなかった。

で、ここでカミングアウトいたしますが、ワタシに○○調の意識は全然ありません。
ただただ、♭がいくつ、♯がどこどこ・・
の感覚だけです。

バイエル~ツェルニー~ブルグ~ソナチネ
のコースってたくさん♭や♯がついた曲なんかありません。
(ソナチネにはちょっとあるか・・)
当然、♭や♯がいっぱい付いてる曲は苦手なのでした。

だけど、大人のピアノはなんでもアリだったので、
♯や♭の箇所にみーんな赤丸付けたりして練習してるうち・・
そしてショパンの2曲をやってからは、
♭や♯が少し怖くなくなってきました。

ってか、○○調の感覚つけろよっ。なんですが・・(笑)

ショパンの2曲、赤丸付けたんですが、これは失敗でした。
途中で丸付けるのがイヤんなるほどいっぱいあるし、
赤丸だらけでかえって見にくいよ。

で、これ以来赤丸付けはやめました。(笑)

今練習してるアラベスク1も最初♯がいっぱいだな~っとしり込みしたんですが、案外スンナリ入って自分でもビックリ。


これからは音階練習していかないと~~。


譜読み
「譜読み」って大人になってから知った言葉なのよ。

子供の時は、「ここまで練習してきなさい」って言われてて、
なので、最初「譜読みできた?」って言われたときは、譜読みって何かしら?って思ったのだ。

私の「譜読み」の解釈はテンポはゆっくりでも極力間違えずに強弱を付けて弾けるようになるまで、、、
と思っていた。
ただ闇雲に練習して・・

色々なサイトをお邪魔して、これではいけない!っと思ったのだ。
いや、解釈自体はそんな悪くないと思うんだけど、、
練習の仕方がさ・・

闇雲じゃあ、いかんのだ!
いけない訳じゃないけど、回り道になるってことかな?
子供のうちはすぐに切り替えできるけど、大人になるといい加減に譜読みしていたら、後から直すのは大~変なのだ。
間違いも脳に残ってしまうのだ!!
(肝心なことはサッパリ残らない脳なのにっ!!)

なので、最初からキッチリとやることにした。

ってことで、譜読みの仕方を工夫することにしました。

最初はメロディーを確認しながらゆっくりと弾く。(片手)
指番号、音で間違えそうなところチェック。
強弱記号、速度記号などチェック
とにかく楽譜をよく見るようにした。

両手で合わせてゆっくりゆっくり。
メトロノーム合わせてテンポ確認しながら、、
(本当は2回目には強弱も入れて間違えずに弾けるようにするらしい)

弾けそうなところまで(10小節くらいとか)間違えずに強弱も入れて。

さらにその先を、、ゆっくりゆっくり。

1ページくらいやったら、ひたすら部分練習。間違え易いところとか
苦手なところとか。
最初に先生に見せるまでにページに書き込みいっぱいよ。(^_^;)

なんかね、工夫するようにしたら、(譜読みの)仕上がりが早い気がするの。
でも、私の場合譜読みから後が長いんだけどね。。。。

でも!!早く弾けるようになったほうが面白いもんね~。


今日はアラベスク通しで弾いてみちゃった♪
(まだ譜読みじゃなくて符読みの段階だけどー。)
だって最初と最後ばっかじゃつまんないんだもん。。
中間部いいわぁ~~~~~~~~~~。
早くスラスラ弾けるようになりたぁい!
大人の発表会
ヤ○ハ大人のピアノ教室に行っていた間、2回発表会がありました。

習い始めてちょうど1年くらい経った頃、大人になって初めての発表会があり、
曲は先生が、「まあやさんはノクターン9-2よ。」と勝手に決められました。が、文句があるはずありません。

有名なショパンのノクターン・・
超超超超~~憧れだった。

発表会、、子供の時は、全然緊張したことないし、きれいなお洋服が着れる!って、それはそれはうれしい行事だったんですが、
大人になると、心配事のが多くて・・・

だって、あこがれてた曲だけど、私には背伸びした曲です。
ショパンはフラットがいっぱい付いて、譜読みがまず大変。。
右手はともかく、左手がなかなか覚えられなくて、、

でもまあ、なんとか3ヶ月かかってゆっくりながら弾ける様になりました。
出来は良いとは言えないけれど、とにかく最初の発表会だし、「楽しんで弾こう!」と楽譜に書きました。(笑)

当日は午後からだったので、ゆっくり出かけていって、出番を待ちました。
その時の発表会はピアノだけでなく、大人のエレクトーンも一緒だった
んですが、「リベルタンゴ」が印象的でした~。カッコよかった~。
ピアノでも連弾譜があるみたいです。いつかやってみたいな~。


で、私の番になると・・・・
震えてるし!
指がガクガク!!!
動揺しててお辞儀するの忘れました!

座ってからあわてて思い出してピアノの横でお辞儀して、
イスを直して、ペダルを確かめて、、(先生に何回も言われてた)
楽譜をたてかけて・・・

んが!
スポットライトで楽譜よく見えないし!!
いえ、見えてても真っ白状態だったからあんまり関係ないんだけど、、

真っ白で弾いてたら、どこでだかよく覚えてないんだけど、
(何しろ忘れたい記憶だから・・(笑)
戻ってしまって、、、、
自分でも「あれれれれ~~~~~~」
どうしよう、、これじゃあ終われない!

先生に「何があっても止まったらダメ!絶対弾き続けて!止まっちゃうと余計に真っ白になっちゃうわよ」
といわれていたので、とにかく指が動くまま弾き続けて、、、

なんか2回ぐらい戻った気がする・・・・・・・・(滝汗)

指がちゃんと終わりの方に移ってくれた時はホッとしたわ。

終わって舞台袖に入ったら先生が迎えに来てくれて、
「終われてよかったわ~~。出て行かないとダメかと心配したよ~。」って・・(笑)

は~~~~~。
このときのは実はビデオに撮ってあるんだけど、恥ずかしくて一度も見てない。(笑)


発表会がこんなに緊張するものだって初めて知りました。
身内からは大笑いされました。(恥)



2回目の発表会はそれから1年後・・(2000年3月5日)
はぁ。また発表会ですか・・・
私の場合ピアノの発表会じゃなくて恥の発表会って感じです。(涙)

このときは、先生が弾きたい曲ある?って聞いてくれました。
ん~~、、、
色々悩んで、久石譲さんのNoctuneにしようかと思って、楽譜を先生にもって行ったところ、その場で弾いてみてくれました。
「嬰ハ短調ね、(弾きながら)あ、これってショパンの遺作に似てる!ショパンの遺作にしましょう。」

ええーーー、またショパンのノクターンですか??
遺作って聴いたこともないんですけど、、
(今は戦場のピアニストとかで有名になったけど当時は知らなかった)

すぐに楽譜を用意するように言われて、楽譜と、アシュケナージのCDを買って、研究~。

前回の失敗から、とにかく早く譜読みして弾きこんでいかないと!
でもこれ、9-2よりもっと難しかった。
途中でテンポが変わり曲調がまったく変わる。マズルカっぽくなるのだ。
おまけに最後には13レンプ、35レンプ、11レンプ、13レンプ!
レンプの嵐!!
ひぃ~~~

私のレッスンはアップライトだったので、先生にお願いして違う部屋のグランドピアノでも練習させて貰った。
最初の3小節目のところからソフトペダル?一番左の、、
を使うのでアップライトと違うのだ。
発表会ではフルコンだから、少しでもグランドになれておかないと・・

前日のリハーサル。
それがさ、すんごい上手くいったのよ。@リハーサル
ノーミス!
信じられない。35レンプノーミスよ!

これは今回はバッチリかも?なぁーんて思ったけど、
甘かった。(笑)

最初のペダルどうも違和感を感じて集中できず・・
マズルカっぽいところで左手はずしまくったし、、
(ここって音が少ないからはずすと間が抜けるのよね・・(涙)
最後のレンプもはずしまくり・・(号泣)

は~~~~~~~~~~~
思い出すとホントに冷や汗モノですね。
発表会には魔物がいるんですね。
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。